So-net無料ブログ作成
私が恋愛できない理由 あらすじ ブログトップ

私が恋愛できない理由 あらすじ 4話 [私が恋愛できない理由 あらすじ]

「 私が恋愛できない理由 」のあらすじ 4話



真子は、憧れだった木崎が、妹の桃子とホテルに行ったことを知り、ショックを受けました。
咲は、失恋の傷をいやすには新しい恋だ、と言って真子を励まします。

次の日、恵美のところにハロウィン・イベントに参加していた武居大介から連絡がきます。
恵美は武居からの食事の誘いを断ってしまいますが、その話を聞いた咲は、すぐにメールをするよう言いますが恵美が戸惑っているので彼女の携帯を奪って勝手にメールを送ってしまいます。

真子は、真子と同じく弁当を持参していた山本に誘われて飲みに出かけ、山本に木崎は女グセが悪いからやめたほうがいい、と言われます。

拓海は、週末にモデルハウスを見に行こう、と妻の美鈴を誘い、彼女が子どもを欲しがっているという思いを受け止め、ふたりの将来をきちんと考えようとします。

恵美は武居の勢いに押されてデートにOKしてしまいます。
会話も続かず、ぎこちない雰囲気でデートする中、同じくデート中だった優とひかりに偶然出会って4人は一緒に食事をします。

木崎から、話したいことがあると言われた真子は、山本とのデートをキャンセルして彼と会いますが、彼から真子との間にあったことは桃子に言わないでほしい、と頼まれます。
泣きながら帰る途中に真子は、山本に会い、自分なら真子にこんな思いはさせない、といって抱きしめられ、キスをされます。
そして2人は結ばれます。

咲は雑貨店で偶然美鈴に会い、一緒に飲みに行き、ふたりは恋の話で盛り上がります。
咲が帰宅すると、家の前に桃子が立っていました。
桃子の気持ちを察した咲は、家族の関係は壊してはいけないとアドバイスし、桃子は真子のために買ってきたヨーグルトを咲に手渡して帰ります。

朝帰りした真子は、昨夜のことを二人に報告。
咲はヨーグルトが食べたいと言い出した真子に、昨夜桃子が来たことを教えます。

咲は、出版関係に勤めているというキャバクラの客・新井に、自分で考えた企画書を読んでもらおうとしますが、「咲ちゃん次第かな?」と言って彼は咲の腰に手を回して・・・。

仕事をしていた恵美は、優から、武居と付き合うのかと聞かれます。
「お前が好きならそれでいいんだけどさ…」。優は、そう恵美に言って・・・。



こんな感じですね。
やっぱり咲が一番苦労しそうな感じですよ。
あと優みたいな、取られそうになると気のあるそぶり~みたいな人はちょっと嫌です。
私はすっきりさっぱりしている人がいいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 あらすじ 3話 [私が恋愛できない理由 あらすじ]

「 私が恋愛できない理由 」 あらすじ 3話

ハロウィンイベントの打ち合わせで会場のホテルを訪れていた藤井恵美(香里奈)は、同僚の長谷川優(田中圭)と婚約しているはずの前田ひかり(倉科カナ)が、別の男性と見合いをしているところを目撃。
ひかりの見合い相手は、医師の川端亮一(KEIJI)だった。

半沢真子(大島優子)は、木崎俊哉(中村竜)に手作りのお弁当を渡そうとしたが、「重い」と言われて受け取ってもらえず、落ち込んでいた。
“重い女”を卒業しようと決意した真子は、『軽やかな女になるための10ヵ条』なる特集記事が掲載された雑誌を購入し、今度こそ木崎に好きになってもらおうとする。

小倉咲(吉高由里子)は、山波出版の採用試験をクリアし、役員面接までこぎつけ、それを白石拓海(萩原聖人)に報告しようと彼の携帯に電話したが、でなかったため留守電を残した。
そのとき自宅にいた拓海は、妻の美鈴(稲森いずみ)から、子どもがほしいと言われ困惑していた。

恵美は、優に誘われて、ハロウィンイベントで使う大きなカボチャを探しに優の叔父が経営している農園に行く。
優は、ひかりの父親は病院を継いでくれる後継者が欲しいから、自分はあまり良く思われていないことを恵美に告白する。
恵美と優が、カボチャを積み込んで会社に戻ると、ひかりがやってきた。
ひかりは、何故両親に会ってくれないのか、何故結婚することを皆に話さないのか、と優を責め立てた。
その会話を偶然聞いてしまった恵美は、男らしく皆の前で結婚を発表したら、と言って優を励ます。

ハロウィンイベント前日、ホテルでは最終ミーティングが行われた。
終了後、恵美の会社の人達は、ひかりや丸山ルミ(加賀美セイラ)を誘って食事に行く。
その席で優は、ひかりと結婚することを皆に報告し、ひかりは、嬉しさのあまり涙ぐむ。

同じころ、真子は、木崎の同僚・山本正(平岡祐太)から、一緒に弁当を食べようと誘われる。
真子は、木崎のことを気にしながらも、山本と一緒に昼食をとった。

咲から電話をもらった拓海は、彼女から半ば強引に誘われ会う約束をし、卓球場に行った。

その夜、恵美は美鈴を家に招待する。
恵美たちは、カボチャを使った真子の手料理を味わいながら、楽しいひと時を過ごした。
ハロウィンイベントには、恵美の発案により、シンデレラのカボチャの馬車を模したディスプレーも準備されていた。
恵美たちと恋愛トークになった美鈴は、シンデレラは時計を気にしてばかりいたからかしこまって下を向いていた姉たちを差し置いて王子様と視線を合わせて微笑むことができた、と話し、何もしないで出会いがないと言っているだけではカボチャと一緒だ、と続けた。

咲は、拓海の車で家まで送ってもらう。
ちょうど美鈴も帰るところだったが、そのときにはもう拓海の車は走り去っていた。

次の日、イベントの準備をしていた恵美は、ひかりと一緒に昼食をとる。
そこで、見合いの件をひかりに切り出すと、ひかりは父親が病院の将来を心配していることもあって、優との結婚を迷っていたことを認めたが、優が皆の前で結婚宣言をしてくれたことで見合い話を断る決心がついた、と恵美に打ち明ける。

ハロウィンイベントが始まり、恵美は仕事の合間にパーティーの会場を訪れたが、その雰囲気になじめず、会場の隅でため息をつく。
すると、恵美と同じように所在なさげにしている男、武居大介(小柳友)がいた。

出版社から不採用の通知を受けた咲は、拓海から教えてもらった、夜景がキレイな場所でぼんやりしていた。
するとそこに、拓海がやってきて、拓海と夢について話した咲はいまの夢は嫌なことを忘れられるくらいキレイな朝焼けを見ることだ、と言うと、時々いろいろなことから逃げ出したくなる、と話す。
そんな咲に、逃げてもいいんじゃないか、と返す拓海に咲はふいにキスをした。
そこで拓海は、結婚していることを咲に打ち明け、咲は、驚きを隠しながら、もともとそういうつもりで会っていたわけではないからこれでおしまいだ、と言って、携帯電話に登録してあった拓海の電話番号を消した。
そして、「貸して。なかったことにするから」と言って拓海の携帯電話を受け取り、自分の番号も削除する。

真子は、妹の桃子(剛力彩芽)から遅くなったからまた泊めてほしいと電話をもらう。
桃子から頼まれたヨーグルトを買いに行った真子が家に戻ると、ちょうど家の前にタクシーが止まり、桃子が降りたが、その隣には木崎の姿が。

イベントの片づけをしていた恵美は、財布が落ちていることに気づく。
それは武居のものだった。
恵美は、慌てたようすであたりを探していた武居に、財布を手渡した。
そのとき、会場の時計が12時を告げ、恵美は、終電は大丈夫か、と武居に尋ねた。
武居は、「俺、シンデレラじゃないんで」と答えると、恵美こそ大丈夫なのか、と返した。
恵美は、美鈴の例え話を思い出し、自分もシンデレラじゃないし、どちらかと言えば畑のカボチャだ、と答えた。すると、真面目な顔で、自分はカボチャが好きです、などと言い出す武居。
恵美は、思わず吹き出してしまう。



といった感じです。
新たな恋のフラグが立ち始めたのかな~。
なんだかんだで恵美と真子はいい感じになりそうだけど、咲は一番つらい道を歩みそうだな・・・。
私は咲が一番要領がよさそうだけど、結局一番不器用だと思うんですよね。
どうなることやら。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 あらすじ 2話 [私が恋愛できない理由 あらすじ]

藤井恵美(香里奈)は、誕生日に元カレでもある同僚の長谷川優(田中圭)から呼び出されるが、恵美の誕生日を祝うためではなく、前田ひかり(倉科カナ)との結婚を報告するためだった。
帰宅した恵美は、同居人の小倉咲(吉高由里子)と半沢真子(大島優子)にその経緯をサラッと報告すると、すぐに部屋に入ってしまう。

真子は、木崎俊哉(中村竜)のマンションから逃げ帰ってしまったせいで、彼と目を合わせることができないでいた。
避けられていることを感じた木崎も、真子のことを気にしているようだった。

咲は、ある出版社の二次試験を受ける。
白石拓海(萩原聖人)から借りたまま返し忘れてしまったボールペンで試験を受けた咲は、確かな手応えを感じていた。

恵美の会社では、ホテルで開催されるハロウィン・イベントに向けて準備を始めていた。
仲間たちと飲んだ後、優と一緒に帰った恵美は、彼が、結婚話をどんどん進めようとしているひかりに対して不満を持っていることを知る。
お前には何でも話せると言って優は恵美に笑顔を見せる。

別の日、ひかりが恵美の会社に来たとき、恵美が元気がないようすだったひかりに声をかけると、ちょうどそこにやってきた優は、拓海からハロウィン・イベントの照明プランを恵美と一緒に考えるよう指示された、と大喜びしていた。

同じころ、仕事を終えて退社しようとしていた真子は、木崎に呼び止められる。
何故あからさまに避けるのか、と問われた真子は、「私のこと、好きですか?」と逆に木崎に問い返す。
木崎は、戸惑いながらも、友だちから始められたら、と返した。
すると真子は、処女は重い、と話していたのは自分のことか、とさらに問いただした。
そのとき、同僚から呼ばれた木崎は、傷つけたなら謝るし、何か気に障ったのならもう誘わない、などと言い残してその場から立ち去る。

その夜、恵美と咲は、真子から木崎の話を聞く。
咲は、友情から始まる恋などあり得ない、と断言し、「余計なことを確認したりしないで、さっさとしちゃえばよかったのに。ホントにバカだね」と言い放つ。
そんな咲の言葉に怒った真子は、遊びでしか恋をしない咲よりずっとマシだ、と声を荒げ、部屋に戻ってしまう。

次の日、咲は男友達に呼び出され、彼の家を訪れる。
だが、その男が咲を抱こうとしたとき、ふいに「あたしのこと、好き?」「私たちって友だち?」などと立て続けに問いかける。
男は、その質問に適当に答え、続けようとしたが、咲は男を押しのけて帰ってしまう。

真子の会社に、妹の桃子(剛力彩芽)がやってきた。
昼食をおごってもらおうと思ったらしいが、弁当を持参していた真子は、仕方なく桃子に1000円渡した。
そのとき、受付の向こうに、木崎がやってきた。
桃子は、真子の態度から、彼女が木崎に恋をしていることを知る。

拓海は、イベントのことで妻の美鈴(稲森いずみ)と打ち合わせをしていた。
家を建てたい、と考えていた美鈴は、打ち合わせを終えると、再びその話を切り出すが、拓海は結婚しても自立した生活を送りたいと言ったのは君の方だと言い、対して美鈴は、時間が経てば変わることもある、と言う。

美鈴のもとを後にした拓海は、以前出会ったのと同じバス停でリクルートスーツ姿の咲を見かけ、バスを待っていると思い込み彼女を車に乗せて走り出す。
しかし咲は駅に行く用事はなく、拓海の車に乗るつもりもなかったことを告げ、どこかに行きたい気分だったから別にいい、と言った。
拓海は、自分もどこかに行きたい気分だからちょっと付き合ってもらってもいいか、と言って、彼女を夜景のキレイな港まで連れて行く。
そこで咲は、拓海から借りたままだったペンを取り出すが、咲は、それを返す代わりに自分のボールペンを差し出し、代わりにこれをあげるからもう少し貸しておいてほしい、と頼む。
拓海の車で家まで送ってもらった咲は、わざと拓海の携帯電話に水をこぼし、大丈夫かどうか確認する、といって彼の番号を手に入れていた。

恵美と優は、照明プランの参考にするため、あるイベントを見に行く。
するとそこに、ひかりと丸山ルミ(加賀美セイラ)の姿もあった。
ひかりの会社も、このイベントを狙っていたが、負けてしまったらしい。
やがてステージでは抽選会が始まり、恵美は、ボードゲームをゲットする。
するとそのとき、突然会場の照明が落ちるトラブルがあり、ほどなく照明は復活したが、恵美がゲットしたゲームは騒ぎの際に誰かに踏まれ、箱がつぶれてしまっていた。
そこで恵美は、照明トラブルの際、優が真っ先にひかりを守ろうとしていたことを知り・・・。

次の日、真子は、木崎に手作りの弁当を渡そうとしたが、木崎はそういう真子の行為が重い、といって受け取らなかった。

恵美は、イベント会場のホテルを訪れ、担当者と打ち合わせをする。
その際、恵美は、ひかりが、ホテル内の料亭で見合いをしていることに気づく。



といった感じです。
いろんなことがどんどん起こりますね。
登場人物たちが抱えているものがだんだん見えてきています。
私はこの3人の中だと恵美よりの咲タイプかな・・・。

それにしても真子みたいな一途な子って人気がありそうなのにな。
手作り弁当とか嬉しいって聞くけど、実際は重いのかな?どうなんだろう?
まあ、私にはやろうと思ってもできないので関係ないですが・・・。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 あらすじ 1話 [私が恋愛できない理由 あらすじ]

「 私が恋愛できない理由 」 あらすじ 1話

藤井恵美(香里奈)は、27歳独身、彼氏なし。
男性ばかりのイベント照明会社勤務。
上司からも男扱いされているサバサバした性格で、後輩の高橋健太(中尾明慶)からは、女を捨てていると言われてしまうほど。

恵美と同じ高校で、演劇部の後輩でもある小倉咲(吉高由里子)は、就職活動に失敗。
でも実家のクリーニング店にいる母や姉には、大手出版社に就職したと嘘をついて仕送りをするために、キャバクラでアルバイトをしていた。
咲は男性からもてるが、本気で恋をしたことがなかった。

演劇部の同窓会で再会した恵美と咲は、ひとり暮らしの寂しさから解放される上、部屋のランクを上げても家賃の節約ができる、という理由から、ルームシェアをすることにする。
提案者の咲が、ふたりだと揉めたときにマズイからもうひとり誰かを探すと言って、後輩の半沢真子(大島優子)をつれてくる。
真子は、真面目でしっかり者。派遣社員として働いていて、派遣先の通販会社社員・木崎俊哉(中村竜)に片思い中。

3人は真子の伯母が住んでいたという一軒家を借りる。
「男を泊めたら終わり」
「女子会貯金に手を出したら終わり」
「恋人ができたら終わり」
という3ヵ条を決め、新しい生活を始めた。

アメリカで照明の仕事を勉強していた恵美の同僚・長谷川優(田中圭)が帰国。
実は優は、親友を失いたくない、という理由から、わずか2週間で恵美を振った元彼。

咲は、恵美や真子のために合コンを企画。
咲にコーディネートされ見違えるほど美しくなった恵美は男たちの注目を集めるが、居心地が悪く、咲と真子を残して帰ってしまう。

次の日仕事を終えた恵美は、会社の仲間たちと飲みに出かけたとき、客を送って店の外に出てきた咲と鉢合わせしてしまうが何も言わずにその場から立ち去る。
同じころ、木崎と食事に出かけた真子は、そのまま彼の部屋に誘われるが、ベッドに入った途端、何故か木崎を押し戻して部屋を出てしまう。

真子が帰宅すると、リビングには恵美がいた。
ほどなく帰ってきた咲は、恵美に絡み、けんかが始まる。
「笑えばいいじゃん。ずっとバカにしていたんでしょ、私みたいな女のこと?」
「自分に自信がある人はいいよね」
「恋愛が面倒くさいとカッコつけていても傷つくのが怖いから逃げているだけ」
などといわれ、最初は何も言い返せなかった恵美もついにキレ、つかみ合いに。
最初は事情が分からず戸惑っていた真子も恵美や咲の方が自分よりまだましだと叫び、思わずバージンであることを告白してしまう。
それを聞いた恵美と咲は、ケンカを止める。

恵美と咲は、中庭でビールを飲みながら真子の話を聞いた。
自分に自信がない、という真子。
そのとき、恵美に優からメールが届き、恵美の誕生日でもある明日、会って話したいことがあるのだという。
それを見た恵美は、もう一度恋をする、と宣言し、優に会って素直な気持ちをぶつけてみる、とふたりに告げる。

朝、咲は就活に出かけたがバスの時間が合わず、タクシーを止めようとするが、目の前に男が飛び出してきて先にそのタクシーを止めてしまった。
恵美の会社の社長の拓海だった。
走り去ろうとした際、咲も手を上げていたことに気づいた拓海は、車を止めてもらって彼女に声をかけ、一緒に駅へと向かった。
その車内で、咲の携帯が鳴り、一次面接を受けた出版社からの連絡が入る。
拓海は、慌てたようすで筆記用具を探す咲に、自分のボールペンを貸してあげるが、駅前でタクシーを降りた咲は、そのボールペンを返しそびれてしまう。

出社した真子は、木崎と同僚社員の「処女は重い」という会話を偶然聞いてしまう。

恵美は、カフェで優と会っていた。
そこで優は、前田ひかり(倉科カナ)と結婚することを恵美に報告する。ひかりは、美鈴の部下で、恵美もよく知っている女性。
なんとかおめでとうと言ってその場を後にするのだった。


といった感じですね。
主人公が3人いる感じだから、登場人物が多いですね(^^;)
でも、どれもありがちな女性像だと思います。
人生なかなかうまくいかない、うまくいってる(ようにみえる)人もいるのになんでだろう・・・
そんな風に思っている女性にはぴったりくるドラマなんじゃないかな、と思います。

主題歌は安室奈美恵「Love Story」です。
安室ちゃんかわいいしきれいだし歌うまいし最高です!DVDも必見ですよ!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
私が恋愛できない理由 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます