So-net無料ブログ作成
家政婦のミタ あらすじ 最終回 ブログトップ

家政婦のミタ あらすじ 最終回 [家政婦のミタ あらすじ 最終回]

家政婦のミタもついに最終回です!
気になる最終回のあらすじはこうです。



阿須田家の子供たちから「お母さんになって」といわれ、「承知しました」と三田さんは返事をします。
恵一(長谷川博己)は驚いて確認しようとしますが、三田は署名・捺印済みの婚姻届を差し出します。
恵一も、すぐに結婚は考えられませんが、子供たちのためにも「ずっと家にいてほしい」と頼みます。
そして三田さんは、阿須田家の母になるのです。

子供たちは喜びますが、三田さんは態度が豹変。
しかも、恵一が倒れて入院してしまい、しばらく三田さんと子供たちだけで生活することに。


恵一役、長谷川博己

一方、恵一のことを忘れたいうらら(相武紗季)は見合い相手との結婚を決め、結婚式の日取りまで早々に決めてしまいます。
そんなうららの前に三田さんは現れると、自分が阿須田家の子供たちの母親になったことを勝ち誇ったように言うのでした。

【送料無料】相武紗季 カレンダー 2012

【送料無料】相武紗季 カレンダー 2012
価格:2,415円(税込、送料別)


うらら役、相武紗季

三田さんが母になってから、子供たちの周りで不運なことが次々と起こり、阿須田家には不穏な空気が漂います。
子供たちは、三田さんが家を乗っ取るつもりではないかと疑い始め・・・。



人間らしい感情を少しずつ表すようになった三田さん、ZEROでは、三田さんが笑うって脚本家の方がインタビューで言ってたけど、どんな風に笑うのか楽しみですね。

【送料無料】やさしくなりたい

【送料無料】やさしくなりたい
価格:1,260円(税込、送料別)


家政婦のミタ あらすじ 最終回 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます