So-net無料ブログ作成
家政婦のミタ あらすじ 3話 ブログトップ

家政婦のミタ あらすじ 3話 [家政婦のミタ あらすじ 3話]

「 家政婦のミタ 」あらすじ 3話

妻・凪子の死が自殺だということを子供たちにずっと隠しておこうと決めた恵一(長谷川博己)は、三田(松嶋菜々子)に凪子の遺書と離婚届を燃やしてほしいと頼むが、三田が火を点けようとしたとき、結(忽那汐里)が現れる。
恵一と三田のやりとりを聞いていた結は、凪子の死の真相を知ってしまったのだった。
結に責められた恵一は、自分が会社の部下と不倫をして凪子に離婚を切り出し、凪子から遺書を渡されていたと打ち明け、結は衝撃を受け怒る。

不安定になった結は学校で男子にからかわれてケンカ騒ぎを起こし、心配したうらら(相武紗季)が話を聞こうとするが何も話さない。
結は三田に、恵一の会社に行って不倫相手について探ってきてほしいと頼むが、「あすは休日だから」と断られ自分で会いに行くことに。

翔(中川大志)、海斗(綾部守人)、希衣(本田望結)は、三田の正体が気になり、三田を尾行することに。
すると、三田が向かったのは、意外な場所だった。

翌日、結は、「父の不倫を会社にばらして」と三田に頼む。
すると、三田は恵一の会社に出向き、とんでもない行動に出て・・・


といった感じです。
不倫はよくないですよね。
でも不倫相手の風間美枝役の野波 麻帆さんがかわいいです。
こんなかわいい人が職場にいたら目がいくのは仕方がないかも・・・。

なんでも出てくる三田さんのバッグと同シリーズ。
人気みたいで品薄です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家政婦のミタ あらすじ 3話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます